シモン・ゴールドベルクの録音

松本での幸せなバッハの時間を終え、先ほど帰宅しました。
小林道夫先生率いる、松本バッハ祝祭アンサンブルの5回目の演奏会でした。
1日目は小林先生のチェンバロ協奏曲、2日目は、大塚直哉さんの指揮、桐山建志さんコンサートマスターでのマニフィカトでした。

松本は素晴らしい街です。羨ましいくらいにいいお客様に恵まれています。鋭い耳をお持ちの「怖い」お客様です。
そして私はなんと素晴らしい先生と、先輩と友人たちに恵まれているのだろうと改めて実感する時間でした。
チェロの花崎さんからゴールドベルク先生の思い出のお話をたくさん伺って、伝説のシューマン4番の時のお話もうかがいました。あれが、どれほどオーケストラ(新日本フィル)にとっても、お客様にとってもとんでもない奇跡のような時間だったのか、と。私は最近発売になった録音を聴いて、もう度肝を抜かれたのですが、納得でした。
知り合いの先輩楽団員の方達のどなたに聴いても、いままで一番素晴らしかった演奏会、と聞くと、ゴールドベルク先生とのシューマンと答える方が多かったのです(あとはロストロポーヴィチとのショスタコなど)、そのどちらの巨匠ともご一緒できなかった私の経験のなかでは、忘れられないのは震災の日のハーディングとのマーラー5番です。

帰宅してすぐに、届いたばかりのゴールドベルク先生の最後(亡くなる直前の)のリサイタルの実況を聴いています。なんというのか、何回でも、何十回でも、繰り返して聴き惚れていたいような滋味溢れる演奏!ピアノも素晴らしい。本当に、テクニックを超越して聴こえてくる、音でもない、なにか、気高い精神の震えのようなものを感じとっています。感動しています。
いま、「雨の歌」を聴き終わって、ジーンとしすぎてもう寝ることにします。

音楽って素晴らしい!

b0107403_0355455.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2016-02-15 00:41 | 日記 | Comments(0)

小林道夫アカデミー2016 in 東京

小林道夫アカデミー2016 in 東京のレッスンスケジュールが決定いたしました。

本アカデミーは公開いたします。
一般の方は1日1000円にて聴講していただくことができます。
直接会場までお越しください。

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-11-1 日東星野ビル
2F ムラマツホール
(丸ノ内線西新宿駅すぐ)
http://www.muramatsuflute.com/shop_info/index.html

2月5日(金)
13:00 高橋健介ピアノ
Der Wanderer / Schubert (Cis moll - E dur)
Du meines Herzens Krönelein / R. Strauss (E dur)
共演:バリトン山本悠尋

13:50 野村牧子ピアノ
F. シューベルト
冬の旅より
3番Gefrorne Tränen
4番Erstarrung
5番Der Lindenbaum
共演:バリトン奥村泰憲

14:40 室橋明美ソプラノ
F. シューベルト
Im Frühling  春に
共演:小林先生

15:40 佐藤志保ソプラノ
J.S. バッハ
Kantate Nr.51
Recitacivo
"Wir beten zu dem Tempel an"
Aria
"Höchster, mache deine Güte”
共演:小林先生


2月6日(土)
13:00 髙橋和真バリトン
Was soll ich sagen? Op.27-3(R.Schumann)
Verborgenheit Mörike-Lieder12.(H.Wolf)
共演:ピアノ小久保美希

13:50 小池優介バリトン
J. S. バッハ 
ロ短調ミサBWV232より
11 Quoniam tu solus Sanctus
19 Et in Spiritum sanctum
共演:小林先生

14:40 曽根嘉江子  メゾソプラノ
J.S. バッハ
マタイ受難曲 より
Erbarm es God!Hier steht der Heiland angebunden.
Können Tränen meiner Wangen
共演:小林先生

15:40 丁仁愛  フルート
J. S. バッハ 
ロ短調ミサBWV232より
Benedictus
共演:金沢青児(テノール)田宮亮(ピアノ)

16:30 北川森央フルート
J. S. バッハ
フルートソナタ E-Dur BWV1035
共演:小林先生
[PR]
# by francesco-leica | 2016-01-31 01:20 | 演奏会案内 | Comments(0)

横浜シンフォニエッタ 第11回演奏会

モーツァルトの誕生日に、暗譜による「ジュピター」の演奏をいたします!
オーケストラ演奏の新しい世界を拓く日になると思っております。

2016年1月27日(水)18:20開場 18:30プレトーク 19:00開演
青葉区民文化センター フィリアホール

出 演
山田和樹 [指揮]
菊池洋子 [ピアノ]

曲 目オールモーツァルトプログラム
交響曲 第1番
ピアノ協奏曲 第22番
交響曲 第41番《ジュピター》※暗譜による演奏

全席指定S席/¥6,600 A席/¥5,500

プレイガイドフィリアホールチケットセンター 045(982)9999

主催/共催一般社団法人横浜シンフォニエッタ(主催)、青葉区民文化センター フィリアホール(共催)

ご注意※曲目・出演者などやむを得ず変更させていただく場合がございます。

※未就学児の入場はお断り致します。
※青葉台東急スクエアの駐車券のサービスはございません。
※車椅子席をご希望の方は、チケット申し込みの際お知らせ下さい。

b0107403_1448271.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2015-12-24 15:00 | 演奏会案内 | Comments(0)

北川森央&河野彬 フルートデュオコンサート

いま期待の若手フルート奏者の河野君とのデュオコンサートに出演させていただきます。
ルイ・ロット(初代と4代目)、あとオールド・ベヒシュタインの響きをお楽しみ下さい。
チケットをご入用の方はメッセージをお寄せください。

12月12日(土)17時30分開演(17時開場)
ドレミファクトリー 音楽サロン
http://doremifactory.co.jp

JR総武線・総武快速線「新小岩駅」
北口より徒歩16分
京成バス「新小53」『東新小岩七丁目』より徒歩3分

フルート:北川森央、河野彬
ピアノ:菊池広輔

プログラム
C.P.E.バッハ:トリオソナタ ニ短調
W.F.バッハ:二重奏曲 第3番 変ホ長調
J.S.バッハ:トリオソナタ ト短調 BWV1029
F.クーラウ:三重奏曲 ト長調 Op.119
T.ベーム:メンデルスゾーン、ラハナーによる3つの二重奏曲
L.ユグー:「仮面舞踏会」による大協奏的幻想曲 Op.5

チケット:3000円
(定員40名)
b0107403_22584390.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2015-11-17 23:29 | 演奏会案内 | Comments(0)

近況

横浜シンフォニエッタの第10回公演が会心の出来で終演。多くのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

10月台湾。11月パリ。12月たぶんイタリア。1月ウィーン。2月ウィーン。

久しぶりに調子が出てきました。(調子はいつもいいのですが)

人生のあらゆる要素の歯車がピタリと合いだしたようです。
生きていることが愛おしい。
仲間や家族に感謝。
[PR]
# by francesco-leica | 2015-09-14 02:33 | 日記 | Comments(0)

アキヤマフルートの新作

久しぶりにアキヤマフルートへ。ロット用の新作頭部管、あとなんと、新作のドリュス・システムの楽器を見せて頂く。

先日珍しく、秋山さんから電話があり、見せたいものがある、というので、これは何かあるな、と思ってやっとついでが出来て行く。

ドリュスはオフセットGでポストが内側に来るタイプ、素晴らしいものなのだが、そのあと吹いた新作頭部管のあまりの素晴らしさに驚愕、というか発狂してしまい「なんだこれはなんだこれは」と繰り返して吹いているうちにドリュスのことは忘れて殆ど吹かずに帰ってきてしまった。見せたいもの、ってこれか。

頭部管はオールドフレンチシルバーの巻き、ライザーはごく薄く、低い、これも巻き、プレートはロットのコピー。なにより、軽い!これはもうロットの初代と同じ、いや、もっと良いかもしれない。この軽さは実に重要なのです。歌口はかなり小さいのだが、そんなの関係なく、私の知る歴代のアキヤマ、数々のロットも全部ひっくるめて一番コントロールは良い。息の抵抗は強いが思ったとおりに吹ける。音量、音のオーラ、色気、全て満ち満ち溢れている。うそだと思ったらどうかお願いよ、一度吹いてごらんなさい!ただし、お腹の支えの弱い人、アンブシュアを脱力できない人、息の太さをピントを変えずに細く太くコントロールできない人、音に色気の無い人、乱暴な人には向かない。そういう意味では吹き手を試す。

ぜひ、偏見を持たず謙虚にこの頭部管を吹いてみて欲しい。きっとわかって頂けると思う。これ、半年くらい慣らしたらさらに音が花開いて深みが出てくるだろう。想像するとヨダレがでそう。
秋山さんには、「おめでとうございます」と言うしかない。
そしていままで散々!文句と注文ばかりつけてきたことをお詫びいたしましょう。
私が欲しいのは、Est! Est! Est!
大袈裟だと思うでしょう?いやいや、本気です。

365gしかない初代ロットの重さに合わせて注文します。リングはちゃんとかわいいロットみたいのにしてくださいね、とだけお願いして、後は18kか14kか、銀リップでお願いするかを考え中。

(写真で、リングが傾いているのは、まだ仮のもので止めていないからです)
b0107403_1011513.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2015-06-01 10:12 | 日記 | Comments(0)

小林、岡山、河野の大公トリオ!!

b0107403_034638.jpg


下田まで車ぶっ飛ばして聴きに行きたい・・・。 
なんとかしてこの演奏会聴きに行きたい。
このメンバーで大公トリオ!

村上春樹の小説「海辺のカフカ」の中で、大事な登場人物であり長距離トラックの運転手「星野青年」がこの大公トリオを聴いて、「音楽には人の心を変える力がある」ことに気付き、生きる勇気を得、そして何度も聴いてついにポロポロと涙をこぼす、という実に忘れがたい名シーンがあって、それはそれは本当に感動的なのです。この小説も音楽好きには絶対におすすめです。
小林、岡山、河野で大公トリオ!ああ、聴きたい。
チケットはまだあるようです。「下田でおいしいものを食べて演奏会を聴いてツアー」、私全力でリコメンドさせて頂きます。

(ちなみに全然関係ないですが、今月末、私は本務校の室内楽特別講座で岡山先生とプロコのソナタの、Vn.とFl.版の弾き比べをすることになってしまい、実に実にプレッシャーを感じております・・・さらわなきゃ)。

オーパスワンクラシックVol. 9
日時:5月12日(火)開場 17:30 開演 18:00
会場:下田市民文化会館大ホール
料金:3,000円(全席自由)
<出 演>
小林道夫(ピアノ)、岡山潔(ヴァイオリン)、河野文昭(チェロ)
<プログラム> ※予定
■ソナタ 4番ヘ長調 KV13/W.A.モーツァルト
(ヴァイオリンとヴィオロンチェロ伴奏付きクラヴサンのためのソナタ)
■トリオ ホ長調 KV542/W.A.モーツァルト
■トリオ 第7番 変ロ長調 Op.97/「大公」 L.v.ベートーヴェン
[PR]
# by francesco-leica | 2015-05-04 00:11 | 演奏会案内 | Comments(0)