「ほっ」と。キャンペーン

小林道夫アカデミーin東京

小林道夫アカデミーin東京 レッスン予定公開!

160-0023
東京都新宿区西新宿8-11-1 日東星野ビル 2F ムラマツホール

聴講料1日1000円

(予定は変更される場合がございます)
2/3(金)
11時 平野智美Cemb ヘンデル/クラヴサン組曲第1集から HWV426
昼休み
13時 平野智美Cemb J. S. バッハ/イタリア協奏曲 BWV971
14時 岩崎花保Fl 山下実季奈Cemb J. S. バッハ/フルート・ソナタ BWV1030
15時 浦田拳一Fg テレマン/ファゴット・ソナタ f-moll 小林先生の伴奏
16時 巨瀬励起Pf 鈴木友紀子Va ブラームス/ヴィオラ・ソナタ2番(1番も)(2コマ連続)

18時頃終了予定

2/4(土)
13時 髙木康子Pf 高木聡Vn 大貫ひろしHr ブラームス/トリオ
14時 石坂淑恵Vn J. S. バッハ/無伴奏ソナタ第3番より、3.ラルゴ4.アレグロ アッサイ
15時 山根風仁Vc 白瀬元Pf シューマン/民謡風の5つの小品 Op.102
16時 水越 啓Ten 重岡麻衣Pf ベートーヴェン/An die Hoffnung, Op.94 及び 同題Op.32

17時頃終了予定
[PR]
# by francesco-leica | 2017-01-21 00:02 | 演奏会案内 | Comments(0)

バッハとフルート

ピアニストの三浦 友理枝さんと、再び朝日カルチャーセンターで演奏(お話)させていただきます。
お題は「バッハとフルート」、真作の全ソナタを演奏させていただく予定です!
みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/b9972ee2-fd9b-0bfd-788c-5805e99fe701

バッハとフルート
講師名フルーティスト 北川 森央、 ピアニスト 三浦 友理枝

講座内容

史上最高のフルート音楽は何か?その問いに、J. S. バッハのフルート・ソナタロ短調を上げる方は多いと思います。名フルート奏者バルトルド・クイケンはこの曲を評して「ひとつのレモンから果汁の最後の一滴まで絞り尽くすように作曲された名曲」と言いました。バッハの残した、フルートと鍵盤楽器のための真作ソナタ全4曲を始め、ソロフルートのためのパルティータなど、多くの音楽ファンを魅了してやまないバッハのフルート音楽の世界を、気鋭のフルート奏者と大人気ピアニストによるお話と生演奏で、余すところなくお届けします。

<演奏予定曲>※変更する可能性がございます。予めご了承ください。
J. S. バッハ
フルート・ソナタ ホ長調 BWV1035、ホ短調 BWV1034、イ長調 BWV1032、ロ短調 BWV1030、
無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013、他

日時・期間
2017年 1月21日土曜 16:00-17:30


受講料(税込み)
会員 3,672円
一般 4,320円


北川 森央 (キタガワ モリオ)
1977年横浜生まれ。幼少時からクラシック音楽に親しんで育つ。玉川学園小学部にて豊かな音楽教育を受け、11歳よりフルートを始める。東京藝術大学附属高校、東京藝術大学卒業。同大学院修士課程及び博士後期課程修了。論文「モーツァルトのウィーン時代におけるフルート使用法」にて博士(音楽)を取得。これまでにフルートを篠崎このみ、中野富雄、三上明子、金昌国、パウル・マイゼン、寺本義明各氏に師事。フラウト・トラヴェルソを前田りり子氏に師事。東京藝術大学バッハ・カンタータ・クラブに在籍し、指導者・小林道夫氏の薫陶を受けた。第49回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位。東京藝術大学教育研究助手、新日本フィルハーモニー交響楽団契約団員 を経て、現在、聖徳大学音楽学部准教授、東京藝術大学および上野学園大学非常勤講師。横浜シンフォニエッタフルート奏者。アジアフルート連盟日本理事。国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国において開催される国際音楽祭への出演、国際音楽コンクールの審査員を務め、多方面で活動している。ディスクアートより4枚のソロCDアルバム(DACD-061、081、111、112)をリリースするほか、古楽器奏者としてマイスターミュージックよりリリースの「小林道夫の藝術」ブランデンブルグ協奏曲全集、管弦楽組曲全集にソリストとして参加している。

三浦 友理枝 (ミウラ ユリエ)
05年英国王立音楽院大学課程を首席で卒業。07年同音楽院・修士課程を首席で修了。95年「第3回ゲッティンゲン国際ショパンコンクール」第1位受賞を機にドイツなどでコンサート活動を開始。01年「第47回マリア・カナルス国際音楽コンクール」ピアノ部門第一位。06年「第15回リーズ国際ピアノコンクール」にて特別賞。これまでに、東フィル、読売日響、日フィル、東京シティ・フィル、群響、大フィル、大阪響、京響、名フィル、札響、広響、九響、仙台フィル、山響、PAC、シンフォニア・ヴァルソヴィア、カイロ響などと共演。エイベックス・クラシックスより5枚のソロアルバムをリリース。「ショパン: 24のプレリュード」、「ミニアチュアーズ」は「レコード芸術」誌(音楽之友社)にて特選盤に選ばれている。第26回新日鉄住金音楽賞受賞。
オフィシャルウェブサイトwww.yuriemiura.net
[PR]
# by francesco-leica | 2016-12-19 00:08 | 演奏会案内 | Comments(0)

少年モーツァルトの旅~フルートとチェンバロの午後~

少年モーツァルトの旅~フルートとチェンバロの午後~

11月23日(水・祝)14時開演/聖徳大学1号館 香順メディアホール/入場無料

どなたでもご入場いただけるコンサートです。私の本務校、松戸の聖徳大学にてお待ちして居ります。

北川森央(フルート)
松居直美(チェンバロ)

W. A. モーツァルト
ヴァイオリンまたはフルート伴奏のクラヴサン・ソナタ 
ヘ長調 K.13
ハ長調 K.14
変ロ長調 K.15

「ロンドン小曲集(London Sketchbook)」より      
アレグレット K.15a
コントルダンス K.15b
メヌエット K.15c  他
b0107403_17105674.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2016-10-15 17:16 | 演奏会案内 | Comments(0)

モーツァルト生誕260年 モーツァルトとフルート

7月2日(土)16時〜
朝日カルチャーセンター新宿教室にて、ピアニスト三浦友理枝さんと講座をひとつ持たせていただきます。
モーツァルトは私が最も愛する、長年取り組んできた研究分野です。おいで下さる皆様にとって、楽しい、美しい時間になることを願っています。多くの皆様のお越しをお待ちしております!

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/742fcb72-e584-4dba-713e-5721e12b2437

モーツァルト生誕260年
【新設】モーツァルトとフルート

講師名
フルーティスト 北川 森央
ピアニスト 三浦 友理枝

講座内容
モーツァルトはフルートがお嫌い?モーツァルトが、作曲が遅れる言い訳として手紙に書いた「我慢のならない楽器」という一言のせいで、フルート奏者たちは肩身の狭い思いをしてきました。本当にそうなのでしょうか?モーツァルトの生涯とフルートの関わり、そして彼が「我慢のならない楽器」の手紙を書いた、青春の大旅行を振り返ります。
 気鋭のフルート奏者と大人気ピアニストによるお話、生演奏と共に、全てのモーツァルトとフルートを愛する皆さんにお届けします。

<演奏予定曲>※変更する可能性がございます。予めご了承ください。
「初期のロンドン旅行」 Sonata KV13 
「青春のマンハイムパリ旅行」Sonata KV304 Andante KV315 
「晩年の境地」
交響曲第41番「ジュピター」より第4楽章※音源から再生 
オペラ《魔笛》よりフルートソロ 
Andante and Allegretto KV404


日時・期間
日程7/2土曜 16:00-17:30 7/2 1回

受講料(税込み)
7月(1回)
会員 3,672円
一般 4,320円

講師紹介北川 森央 (キタガワ モリオ)
1977年横浜生まれ。幼少時からクラシック音楽に親しんで育つ。玉川学園小学部にて豊かな音楽教育を受け、11歳よりフルートを始める。東京藝術大学附属高校、東京藝術大学卒業。同大学院修士課程及び博士後期課程修了。論文「モーツァルトのウィーン時代におけるフルート使用法」にて博士(音楽)を取得。これまでにフルートを篠崎このみ、中野富雄、三上明子、金昌国、パウル・マイゼン、寺本義明各氏に師事。フラウト・トラヴェルソを前田りり子氏に師事。東京藝術大学バッハ・カンタータ・クラブに在籍し、指導者・小林道夫氏の薫陶を受けた。第49回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位。東京藝術大学教育研究助手、新日本フィルハーモニー交響楽団契約団員 を経て、現在、聖徳大学音楽学部准教授、東京藝術大学および上野学園大学非常勤講師。横浜シンフォニエッタフルート奏者。アジアフルート連盟東京 理事。国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国において開催される国際音楽祭への出演、国際音楽コンクールの審査員を務め、多方面で活動している。ディスクアートより4枚のソロCDアルバム(DACD-061、081、111、112)をリリースするほか、古楽器奏者としてマイスターミュージックよりリリースの「小林道夫の藝術」ブランデンブルグ協奏曲全集、管弦楽組曲全集にソリストとして参加している。

三浦 友理枝 (ミウラ ユリエ)
05年英国王立音楽院大学課程を首席で卒業。07年同音楽院・修士課程を首席で修了。95年「第3回ゲッティンゲン国際ショパンコンクール」第1位受賞を機にドイツなどでコンサート活動を開始。01年「第47回マリア・カナルス国際音楽コンクール」ピアノ部門第一位。06年「第15回リーズ国際ピアノコンクール」にて特別賞。これまでに、東フィル、読売日響、日フィル、東京シティ・フィル、群響、大フィル、大阪響、京響、名フィル、札響、広響、九響、仙台フィル、山響、PAC、シンフォニア・ヴァルソヴィア、カイロ響などと共演。エイベックス・クラシックスより5枚のソロアルバムをリリース。「ショパン: 24のプレリュード」、「ミニアチュアーズ」は「レコード芸術」誌(音楽之友社)にて特選盤に選ばれている。第26回新日鉄住金音楽賞受賞。
オフィシャルウェブサイトwww.yuriemiura.net
[PR]
# by francesco-leica | 2016-05-28 02:35 | 演奏会案内 | Comments(0)

第59回 ヴォーリズ記念音楽会

以前、フラウト・トラヴェルソで「捧げもの」のトリオソナタを演奏させていただいた近江八幡のヴォーリズ学園で、小林道夫師匠とデュオで共演させていただきます。

演奏するのはバッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ドップラー、などなど。楽しみです。

第59回 ヴォーリズ記念音楽会
~音楽博士 北川 森央氏のフルート演奏と素敵なお話の午後~
<日時> 2016年 6月4日(土) 午後2時開演
<場所> ヴォーリズ平和礼拝堂(ヴォーリズ学園本館5階)
<演奏> フルート 北川 森央 ピアノ 小林 道夫
<入場料>1,500円(前売1,000円) 高校生以下 500円

〒523-0851 滋賀県近江八幡市市井町177(学園HPに地図掲載)

 〔 チケット・託児のお申込み先〕 
 Tel . 0748-32-3444 学校法人ヴォーリズ学園(音楽会担当)
 Fax. 0748-32-3974 E-mail yamanaka0028@vories.ac.jp

主  催 : 学校法人 ヴォーリズ学園 共  催 : ヴォーリズ学園PTA
後  援 : 近江八幡市音楽連盟 / 近江八幡YMCA / NPO法人ヴォーリズ精神継承委員会
      NPO法人近江八幡市中間支援センター / 一般財団法人ハートランド推進財団
協  賛 : 近江兄弟社グループ / ヴォーリズ学園後援会 / 近江兄弟社学園同窓会

b0107403_23552822.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2016-04-06 23:59 | 演奏会案内 | Comments(0)

オープンハウス~サントリーホールで遊ぼう!

4月2日(土)入場無料

『オープンハウス~サントリーホールで遊ぼう! 』
桜の季節に、サントリーホールが一日無料開放
鈴木優人(指揮)×横浜シンフォニエッタがステージを熱く盛り上げます!

◎名曲揃いのコンサート♪
◎横浜シンフォニエッタを指揮!?
◎みんなで第九大合唱!

他にも楽しい企画が盛りだくさん。
開館30周年を迎える音楽の殿堂サントリーホールで、
1日お楽しみください!

http://www.suntory.co.jp/…/schedule/detail/20160402_M_1.html

ご好評におこたえし、国際的なマルチ・アーティスト鈴木優人とオーケストラの革命児・横浜シンフォニエッタが、今年もオープンハウスのステージを熱く盛り上げます!
※全席自由。お荷物のみによる席の取り置きはご遠慮くださいますようご協力をお願いいたします。

オルガン・コンサート(11:15~11:30/15:30~15:45)
(オルガン:鈴木優人)
今年の『NHKニューイヤーオペラコンサート』でも大きな注目を集めた鈴木優人の演奏を、世界最大級の大きさを誇るサントリーホールのオルガンでお楽しみください。

【演奏曲目】*2公演とも同内容
クラーク:トランペット・ヴォランタリー
J. S. バッハ:トッカータとフーガ ニ短調
ルフェビュール=ウェリ:ソルティ 変ホ長調

オーケストラ・コンサート(12:00~12:45/16:15~16:45)
(指揮:鈴木優人/演奏:横浜シンフォニエッタ)
開館30周年にふさわしい、華やかな名曲コンサート。ダイナミックなサウンドをお楽しみください。
12:00開演の部では、恒例の指揮者体験コーナーも行います。

【演奏曲目】*2公演とも同内容
ビゼー:オペラ『カルメン』第1幕への前奏曲
J.S.バッハ:G線上のアリア
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第4楽章
J.シュトラウスII:ラデツキー行進曲

ステージにあがろう!(13:00~14:00)
演奏の合間にはステージに上がり、記念撮影もどうぞ。

「第九」をうたおう!きいてみよう!(14:30~15:00)
特別企画!あのベートーヴェンの交響曲第9番を第4楽章だけノーカットで演奏します。
合唱参加者を大募集!(当日受付)
プロの音楽家とサントリーホールで共演してみませんか?
「第九」がはじめての方は有名なメロディーだけ口ずさむもよし、じっくり聴くもよし。
一期一会の「歓喜の歌」を会場のみなさんでわかちあいましょう。

独唱:野田ヒロ子(ソプラノ)、米谷朋子(アルト)、又吉秀樹(テノール)、増原英也(バリトン)

【合唱参加希望の方へ】
11:00以降、ショップ前の受付までお越しください。パートごとに定員になり次第、受付を終了します。
詳しくは受付時にスタッフがご案内します。楽譜は各自ご用意ください。
【鑑賞希望の方へ】
1階席および2階席(P、LA、RAブロックをのぞく)にご着席ください。


当日は多くのお客様のご来場が予想されます。皆様に気持ちよい時間を過ごしていただくために、マナー遵守にご協力をお願いいたします。
●客席内での飲食はご遠慮ください。
●演奏中の写真撮影・録音・録画はお断りいたします。
 その他のイベントはすべて撮影可能ですが、まわりのお客様にご配慮くださいますようお願いします。
●小さなお子様をお連れの方へ:ベビーカーは、チケット売場付近の所定の場所に駐車ください。
 授乳室はブルーローズ側B1階化粧室の向かいにございます。
●車椅子およびオストメイト対応の化粧室もございます。
●館内は禁煙です。喫煙所は屋外にございます。
 詳しくはスタッフにおたずねください。

b0107403_275557.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2016-03-09 02:09 | 演奏会案内 | Comments(0)

シモン・ゴールドベルクの録音

松本での幸せなバッハの時間を終え、先ほど帰宅しました。
小林道夫先生率いる、松本バッハ祝祭アンサンブルの5回目の演奏会でした。
1日目は小林先生のチェンバロ協奏曲、2日目は、大塚直哉さんの指揮、桐山建志さんコンサートマスターでのマニフィカトでした。

松本は素晴らしい街です。羨ましいくらいにいいお客様に恵まれています。鋭い耳をお持ちの「怖い」お客様です。
そして私はなんと素晴らしい先生と、先輩と友人たちに恵まれているのだろうと改めて実感する時間でした。
チェロの花崎さんからゴールドベルク先生の思い出のお話をたくさん伺って、伝説のシューマン4番の時のお話もうかがいました。あれが、どれほどオーケストラ(新日本フィル)にとっても、お客様にとってもとんでもない奇跡のような時間だったのか、と。私は最近発売になった録音を聴いて、もう度肝を抜かれたのですが、納得でした。
知り合いの先輩楽団員の方達のどなたに聴いても、いままで一番素晴らしかった演奏会、と聞くと、ゴールドベルク先生とのシューマンと答える方が多かったのです(あとはロストロポーヴィチとのショスタコなど)、そのどちらの巨匠ともご一緒できなかった私の経験のなかでは、忘れられないのは震災の日のハーディングとのマーラー5番です。

帰宅してすぐに、届いたばかりのゴールドベルク先生の最後(亡くなる直前の)のリサイタルの実況を聴いています。なんというのか、何回でも、何十回でも、繰り返して聴き惚れていたいような滋味溢れる演奏!ピアノも素晴らしい。本当に、テクニックを超越して聴こえてくる、音でもない、なにか、気高い精神の震えのようなものを感じとっています。感動しています。
いま、「雨の歌」を聴き終わって、ジーンとしすぎてもう寝ることにします。

音楽って素晴らしい!

b0107403_0355455.jpg

[PR]
# by francesco-leica | 2016-02-15 00:41 | 日記 | Comments(0)